#7 嵐 SUMMER TOUR 2007 Timeーコトバノチカラー   

次女は嵐の大ファンです。このブログの”優しくて少しバカ”というのは嵐のアルバムに入っている歌の題名です。ブログを立ち上げてくれたので、タイトルもおまかせしたのです。
いつもは東京ドームや横浜アリーナでのコンサートを楽しむのですが、地方のコンサートの方が会場も狭く、ファンサービスもいい、ということで、去年から毎年いく長野の旅行にコンサートをあわせてくれるといいな、ってつぶやいていました。
今年のお誕生日のプレゼントは”ママといく、長野での嵐のコンサート”ってリクエストされ、かなえてあげることにしました。
まずはチケットが当たらなければお話にならないのですが、すべての運をコンサートにかけている娘。横浜アリーナははずれたのに、長野は当たるという運のよさ。それにあわせてペンションの予約もとれ、今回、ママはお初のコンサートとなりました。e0099375_2194872.jpg

会場のビッグハット。
娘が言うとおり、会場のまわりの雰囲気も違います。人も少ない。

ママと一緒で楽しめるのかな?
KAT-TUNなんていわれるより、嵐ならママもとけこめそうです。




e0099375_2114582.jpg
中はこんな感じ。
ほんとは撮影なんてNGらしいのですが、ちょっとおばさんしてみました。

ステージや照明をみてはじめてディズニーランドでパレードをみたときのワクワク感みたいなものを感じました。


娘はママの分のうちわもつくってくれ、ツアーTシャツも用意してくれました。娘と一緒になってキャーキャーなんてできなかったけれど、知っている曲も多かったし、五人のトークもなかなかでした。娘は青春してるな、って感じました。こういうコンサートからもいろいろなこと感じられるな、って思いました。e0099375_21232327.jpg

コンサートもおわり、大満足の娘を記念に一枚。

浴衣でコンサート、がかないました。

待っていてくれたパパさんやおねぃちゃんに感謝しなくちゃね。P.IDAさんにもずいぶんわがまましちゃいました。みんなの協力あっての今回のコンサートでした。

e0099375_21293131.jpg
あら、雰囲気編にぴったりのものが、って撮っていたら、撮影禁止です、なんて注意されちゃいました。こんなものも、撮ってはいけないんですね。

アンコールにもこたえてくれての二時間半はあっという間でした。ママ、もっと騒ぐかと思った…なんていわれたけれど、もうかなりおばさんですから声まではでません。


今年の夏の旅行はこれが締めくくりです。この日もお泊りできれば楽だったけれど、パパさんの仕事や長女のバイトの都合がつかず、この時間から自宅へ。渋滞25キロという中、家に着いたのは夜中でした。体調が今ひとつだったパパさんの運転なのに、三人ともうとうとしてしまい、ラウルスだけがパパさんがんばれ!ってしてくれたようです。ほんと、申し訳ない…
今年も素敵な旅が出来ました。
去年はワンなしだったな。でも帰りに夕立にあってそのあと虹をみたっけ…きっとダンケも一緒だったんだ、って涙したこと思い出しました。
今年は思いっきりラウルス中心の旅でした。みんな、ありがとね。
[PR]

by f-danke | 2007-08-07 21:51

<< 元気印 ラウルス #6 看板犬君たちとの時間 >>